依頼方法を知ろう

広告

便利な方法をチェック

フライヤーは通常のチラシよりも手に持ちやすいサイズであることが多いのですが、中にはフライヤー印刷でも大きめのサイズにすることもあります。そのため、フライヤー印刷の依頼をする時は適切なサイズを考える必要があると言えるでしょう。DMなどポストに投函する必要がある時は、サイズをある程度抑えることが大切です。こうした時は折り加工を活用すると便利です。折り加工によって限られたサイズでも十分な情報を載せることができます。用紙を折ることでページを増やすことができて、効果的な商品宣伝を行うことが可能となります。また、フライヤー印刷の依頼先を決める時は、加工などのオプションが充実しているかを知ることも重要です。フライヤー印刷の依頼はネットを活用して行うこともできます。ネットを活用することで、印刷費用を抑えることもできますし、データの入稿も簡単です。しかし、ネット経由で依頼する時はレイアウトのことを上手く考える必要があります。レイアウトが良いと、読みやすい印刷物にすることが可能となります。フライヤー印刷をする時にレイアウトを考える際には、人の目線のことを考えることが大切です。横書きならまず左上から右上へ視線が行くことが多いです。縦書きの場合は右上から右下に視線が行くことを想定します。こうした法則に沿ったレイアウトにすることで、読み手が読みやすい印刷物が完成します。ネット経由でレイアウトのデータを入稿することで、自由で効果的なレイアウトのフライヤー印刷を低コストで完成させることができます。

Copyright© 2018 フライヤー印刷のことならプロを頼るのが一番|初めてフライヤー印刷 All Rights Reserved.